外壁塗装の色を決める時には

外壁塗装の色を決める時には

外壁塗装をするときに考えるのは色だと思います。
実は外壁塗装の色のバリエーションはかなり豊富なのです。色見本にないものでも自分でどのようなものがいいのかを指定すれば色を作ってもらえる場合もあります。
好きな色にすればいいのですが、もしも迷っているのであれば近所と融合するような色にしてみることをおすすめします。
いくらおしゃれな色であっても近所の家と色の雰囲気が違っていますと自分の家だけが浮いて見えてしまうからです。
これならせっかくの外壁塗装も台無しになってしまいます。
個性的な家ばかりが立ち並ぶ地域であれば個性のある家にしてもいいのですが、そのところはよく考えておく必要があります。
もしもわからない時には業者の方に聞いてみるのも方法です。業者では今までの施工の例から一番適しているものは何なのか教えてくれます。
あと汚れの目立つ色とそうでない色とがありますのでこれも考慮してください。
基本的には真っ黒や白などはお洒落ではありますが汚れが目立つ傾向があります。
最近では光触媒などにより自然にきれいになることも多いのですが、ほんの少しの汚れでも気になるというというのでしたら避けたほうがいいかと思います。
またペンキで塗るのではなくタイルなどを貼りつけてもらうという方法もあるのです。これですと汚れにくいことが多いですので利用してみるといいかと思います。
外壁塗装の色は家の印象を決めますので結構重要なものなのです。