外壁塗装に日にちがかかる理由とは

外壁塗装に日にちがかかる理由とは

外壁塗装は一日では終わることはありません。大体は数日から一週間ほどかかるのです。
その理由は外壁塗装には色々な段階があるからなのです。
まずは外壁塗装をする前に外壁をきれいにする必要があります。汚れなどがついた上に塗装剤をつけても意味がないからです。そしてさらに下塗りなどもしなければいけません。これは元々の家の色を隠すためなのです。
そのまま塗装してしまいますと元々の家の色が反映されてしまい、自分の思うような色にならなくなってしまいます。
下塗りをした後には十分に乾かす必要があるのです。乾いたら次の本格的な塗装に入ります。
塗装にも色々な方法があるのですが、例えば凸凹の模様を付ける場合には吹付をした後に平にして模様をつけるのです。そうすることによって凸凹の模様ができます。
また完成した後には乾かす作業も入ります。
塗装の作業はそれだけではありません。
窓などに塗装剤がつかないようにするために養生などもしなければいけませんし高いところの塗装をするために足場を組む必要もあるのです。最後終わればこれらは撤去しなければいけません。
しかしこれだけの面倒な工程をするからこそ家はきれいになるのです。
とても塗り直しとはおもえないくらいにきれいになります。もしもするのでしたら屋根の塗装も一緒にしてみてください。
一緒に行いますと屋根だけが古く見えることはありません。
塗装をしている間は窓を開けられませんので秋などにするのをおすすめします。