外壁塗装と近所への配慮

外壁塗装と近所への配慮

外壁塗装をするときには近所への配慮なども考えなければいけません。塗装で人に迷惑がかかるのかと言えばかかる場合もあります。
まずは音です。ペンキを塗る作業でそう騒音はしないように思うかもしれませんが最新式の機器を使う場合にはその音がする場合もあるのです。
あとは臭いになります。これは気にする方もかなり多いと思うのですが、刺激臭がする場合もあります。乾きますともう嫌なにおいがしないものですがこれで苦情が来る場合もあるのでできるだけ嫌な臭いのしないものを聞いて塗装してもらうようにしてください。
あと外壁塗装のときに塗装剤が飛散する可能性です。
はけで塗る場合にはそういうことはありませんがスプレーなどによりする場合には飛散してしまうこともあるのです。
これが原因で不愉快だと言われることも少なくありません。
また自動車を道に駐車することもありますのでそれが邪魔だと言われる場合もあります。
ただ途中で外壁塗装をやめるわけにはいきませんのでクレームが来る前に塗装をすることを事前通達しておくことをおすすめします。この時に何かお詫びの品を持っていくことによっていくらかは我慢してもらえるのです。
塗装をするということはその地域にはしばらく暮らすということですのでこのような些細なことも怠らないようにしてください。
近所に家がない場合にはそれほど気にすることではありません。
養生シートなどを使えばいくらかはそのようなクレームを少なくできます。