外壁塗装をする目安について

外壁塗装をする目安について

外壁塗装は一般的には15年に一度くらいの割合でするのがいいと言われていますが、実はこれは目安でありどの家でも当てはまるものではありません。
家の壁の状態によっては外壁塗装をするのかどうかを考えるのがいいでしょう。
目安となるのは窓枠の部分から出ているひびです。これがありますと塗装がかなり劣化しているというサインになります。
またそのほかにも細かなひびが入っていたり壁から粉が吹いている状態、チョーキングが発生している場合なども外壁塗装をするタイミングになるのです。
またタイルの塗装をしている場合でしたら目地が劣化しているのが見えた場合にはそろそろ外壁塗装をするタイミングになります。
これらをそのまま放置していますと大変なことになるのです。
ひびが入っている部分から水が入ってしまいます。そのせいで家の大黒柱などが腐ってしまう可能性もあるのです。
応急処置としては自分でひびの部分を補修することもできなくはありませんが、素人がしますと見た目に汚くなってしまうことが多いですし、十分に補修することができず解決にいたらないこともあります。
もしも普段からあまりdiyなどをしないのでしたらすぐにでも外壁塗装の業者にしてもらうようにしてください。
15年は保つと言われている場合でも目安となる兆候が出た場合にはすぐにするといいでしょう。
ベストなタイミングで外壁塗装を行うことによって築年数の古い家でも安全に暮らすことができます。