雨が降った場合の外壁塗装

雨が降った場合の外壁塗装

外壁塗装は雨の日でもすることができるのでしょうか。
雨の日にはすることができません。
塗装をしたところでそれが雨によって流れてしまうからです。
ですので雨が降った時にはお休みになってしまいます。また夜に雨が降って次の日には止んだ場合であっても湿気により壁が湿っていますのでしばらく乾くまでは外壁塗装をすることができないのです。
もしもこの時に無理にしようとしますと仕上がりが悪くなってしまいます。
外壁塗装は思っていたよりも日にちがかかってしまうこともありますがその多くは天候なのです。
ですのでできるだけ梅雨の時期にはしないようにしてください。また他の時期でもできるだけ晴天の続く時期にするのがいいでしょう。
天気予報などを見てからする日を決めるようにしてください。
ちなみに作業をしている途中で雨が降った場合になはどうなるのでしょうか。この場合でも途中で中断します。
雨があまりにも激しくてのそのためにせっかく塗装した部分が流れて一からやり直しになった場合にはどうなるのでしょうか。
この場合にはまたやり直しをしてくれます。
そもそも激しい雨が降ると予測される場合には今が晴天であっても作業をしないことが多いのです。
雨ではなく雪の場合でも湿気により作業が困難になりますので作業が中断になる場合もあります。
この時期までには必ず外壁塗装をしておきたいと思うのでしたら、できるだけゆとり持って計画を立てるようにしてください。